ジャニオタがはまった日プを紹介したい【①デビューメンバー編】

 

48見てたし、折角だから1話くらいは見てみようと思って見始めた日プ、気づいたら推しができて番組は終わりデビューメンバーが決まり私はファンクラブに入っていました。

いや〜〜時が流れるのは早いね!!!無駄に行動力だけ身についちゃって困るのなんの!!!まあおたく楽しいから良いんだけど!!!

 

…というわけで、一旦デビューメンバーから何人か取り上げて紹介したい!!!ジャニオタの私が思うジャニオタのつぼにハマりそうなメンバーを取り上げてみたい!!!

それではさっそく!

 

 

 

 

 

【日プって?】

まあ落ち着いて。一旦ここから。

PRODUCE101JAPAN」通称日プ。いま悪い意味で話題になっている韓国で行われていた「PRODUCE」シリーズの日本版です。(12/30:活動休止となっていたPRODUCE48からデビューしたIZ*ONEとPRODUCEX101からデビューしたX1が活動再開すると発表されました。)デビューメンバーを決められるのは「国民プロデューサー」通称国プ。国プからの投票で順位がつけられ、まずは番組に参加するためのオーディションを通った練習生(オーディションに参加している子のこと)101人。そして「ポジション評価」を経て上位60人が次のステージへ。60位には入れなかった練習生は脱落となり、これ以降のステージに立つことは出来ません。そして「グループ評価」を経て上位35人が次のステージである「コンセプト評価」に参加。さらにコンセプト評価を経て上位20名がファイナリストとして「デビュー評価」に参加し、上位11人は去る12/11に「JO1」として2020年春にデビューする事が決まりました。

残留圏内にいた練習生が順位を落として脱落してしまったり、逆に評価で良いステージを見せることができて順位を大幅に上げて残留したり…後半になればなるほど誰も落ちて欲しくなくて、順位発表は大号泣しながら見てました()

 

さて、ざっくり日プについて説明したところでさっそく1人目!!

 

 

 

 

 

①金城碧海

f:id:J113adik_46:20191228153044j:image

碧海はすかい、と読みます。かっけー…。

2000年5月6日生まれで現在19歳です。

まずは見て欲しいものが。↓

f:id:J113adik_46:20191228153218j:image

こちら、国プ投票による順位の変動です。

見てもらえればわかるように最初は66位。次の順位では85位まで落ちています。60位以下は脱落となる第一回順位発表式で大幅に順位を上げ、38位となり残留。その後着実に順位を上げ、20位以下は脱落となる第三回順位発表式でまた大幅に順位を上げ、14位で残留。そして最終回で見事10位となりデビューメンバーになる事が確定しました。

デビューメンバーの順位変動をみればわかるのですが、ほとんどが20位前後以内には常に入っていました。そんな中で一番低い時には85位まで落ちた碧海。75位ものランクアップを見せました。

 

そしてもう一つ。

プデュシリーズには、そのシーズン毎に「テーマ曲」というものがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=nUrMhJ2lE0A&feature=share

ツカメ 〜It's Coming〜」という曲で、この曲が練習生に与えられる最初の課題となりました。碧海は、番組の始めに行われるクラス分けにて未経験者ながら上から二番目の「Bクラス」になりました。しかし、ツカメをたった三日間で覚えて行われるクラス再評価にて未経験が故にテンポを合わせる事ができず、一番下のクラスである「Fクラス」まで落ちてしまいます。動画を見ていただければ分かるのですが、Fクラスの練習生はステージの下で踊っています。なので動画には全然うつってません。

実はファイナリスト20名に残留したFクラスは碧海だけなんです。残りのファイナリストはみんなAクラス(一番上)かBクラス。そんな中でFクラスの逆転劇を見せました。

最後に碧海が出ているパフォーマンスの中で私が一番好きな動画を貼っておきます。

https://youtu.be/YCkgci7IxHA

コンセプト評価で披露した「Black Out」です。ラッパー①を担当し、グループ1位は逃しましたがBOを披露したメンバーの中では最も多い個人票を獲得しました。

 

 

 

 

②白岩瑠姫

f:id:J113adik_46:20191228155947j:image

瑠姫はるき、と読みます。こちらも名前がお強い。

1997年11月19日生まれの現在22歳です。

ここでびっくり、るきくん実は元ジャニーズJr.なんです…。噂によるとジュニア戦国時代くらいの入所らしい?映像や画像などはあまり見つからないのでなんとも言えませんが。ジャニーズを退所後は2.5次元アイドルや地下アイドルなどで活動していましたがどれも芽が出ず。今回日プで見事デビューを勝ち取りました。

そんなるきくんですが、ツカメ、ポジション評価、グループ評価、コンセプト評価、デビュー評価と5つの課題のうち3つでセンターを務めました。

ポジション評価

OVER THE TOP (Hey! Say! JUMP)

https://youtu.be/bGfsUbAYgJY

グループ評価

→Why? (東方神起)

https://youtu.be/uTTpxpZW0vA

コンセプト評価

→Happy Merry Christmas

https://youtu.be/8vhSDW6p1ks

センターがあまりにも似合う男、白岩瑠姫です。

 

そんな彼ですが、国プを沼に突き落としたギャップがあります。それは8話で放送された仲間たちの「ここだけの話」という企画の中で練習生の本田康祐くんが暴露したもの。

f:id:J113adik_46:20191228161927p:image

ベットに寝転がる同室の2人は眠りの姿勢ですが、なぜか1人立って喋っているるきくん。そして隅っこにうつる時計は4時を指しています。

実はこれ、「るきくんが寝る前にずっと話してるから他の人が寝れない」という暴露。そしてその理由はなんと「最後に寝たくないから」。整いまくりの顔面のくせに周りの練習生からは「うるさい」と言われるるきくん…かわいい。

そして彼、女装も可愛いです。ただなんか仕草がひと昔前のおばさんみたいですが…。

https://youtu.be/IlZCB_AcWSc

ちなみに、2人目がるきくんです。1人目の子は…気にしないでください。(笑)

 

 

 

 

③大平祥生

f:id:J113adik_46:20191228163505j:image

祥生はしょうせい、と読みます。こちらもカッコいいお名前。

2000年4月13日生まれの19歳です。

今回は省かせて頂きましたが、碧海のところに貼ったツカメでセンターを務めた川尻蓮くんと一緒に最初のクラス分け評価をうけました。結果はCクラス。蓮くんは文句なしのAクラスだったので、再評価では必ずAクラスに行きたいと練習を重ねましたが結果はBクラスへの昇格。「悔しい」と涙を流す姿が印象的でした。

正直、私が最初に祥生くんに抱いた印象は「蓮くんにくっついてる泣いてる子」でした。口が悪いですねすみません。

 

ですが、そんな彼に転機が訪れたのはコンセプト評価の時。コンセプト評価でどの曲を担当するかは国プによる投票で決められました。誰がどの曲になるか決まったのは第二回順位発表の前。つまりこの時は練習生が60人いますがコンセプト評価に行けるのは35人。ここで落ちた練習生は練習した曲をステージで披露出来ないのです。コンセプト評価に参加する35人が決まると一つ問題が。35人いて5曲あるので1曲あたりのメンバーは7人ですよね?つまり、定員割れをしてしまう曲と定員を超えている曲が生まれてしまうのです。祥生くんがいたのは「DOMINO」という曲。上位メンバーが集まる曲で、定員を3人超えていました。つまりその3人は定員割れをしている曲に移動になるのです。練習生同士の投票の結果、祥生くんは別の曲に移動となってしまいます。

https://youtu.be/eEH6DXAKl40

定員割れをしていたのは「クンチキタ」「やんちゃBOYやんちゃGIRL」の2曲。クンチキタに2人、やんちゃに1人移動になりました。DOMINOの部屋から出て、まずは順位の高い練習生のいるクンチキタが3人から2人選ぶ事が出来ました。ここで祥生くんは選ばれなかったのです。DOMINOからクンチキタへ、そしてクンチキタからやんちゃへ。クンチキタの部屋をでて、やんちゃの部屋へ行く途中で座り込んでしまう姿はとても小さく見えました。

しかしここで折れる祥生くんではありません。素敵なやんちゃのメンバーに迎えられて、限られた時間の中で黙々と練習する姿には彼の真面目な性格がにじみ出ていました。

https://youtu.be/RyaRFY4VUc8

やんちゃは5グループ中5位という結果に終わりましたが、現在そのパフォーマンス動画は200万再生を超え、日プのYouTubeアカウントに上がっている動画の中で2番目に再生回数が多い動画となりました。やんちゃをパフォーマンスした練習生の中でデビューメンバーに入ったのは祥生くんだけです。今や伝説と呼ばれるステージになっています。

https://youtu.be/vJ8U2g9AvmE

f:id:J113adik_46:20191228194529p:image

左から:大平祥生、北川玲叶、今西正彦、小松倖真、福地正、佐藤隆二、宮島優心

そんな祥生くんが第3回順位発表式で呼ばれた時、やんちゃのメンバーは誰も呼ばれていませんでした。結果として20位で1人、そして辞退者が出たため繰り上がりでもう1人ファイナルへ進みましたが、やんちゃから残るのは祥生くん1人でもおかしくない状況でした。そんな中で自分が呼ばれた時の祥生くんのコメントです。

「僕はDOMINOから外されてクンチキタから外されて、それでクンチキタは1位だけどやんちゃが最下位で本当に悔しくて、けどその時悔しい思いできたから本当にデビューへの想いが強くなりました。僕がやんちゃという曲に導かれて本当にあの時頑張れたのはやんちゃのメンバーのおかげです。本当にもしもこっち(残留)にやんちゃのメンバーが呼ばれなくても、僕が絶対悔しい思いとみんなの想い背負って最終回、絶対センターなってみせるんで…(略)」

当時練習生の絶対的センターとして立っていたのは川尻蓮くんでした。最初は蓮くんについているだけのように見えた祥生くんがセンター、つまり1位になってみせると言い切ったこと。それは蓮くんを超えるという強い意志でした。この時11位でデビュー圏内ギリギリだった祥生くん。最終結果は1位、蓮くんに及びはしなかったものの大幅に順位をあげ、4位として名前を呼ばれました。日プで成長を見せつけてくれた練習生の1人です。

 

 

 

 

④木全翔也

f:id:J113adik_46:20191228194004j:image

きまたしょうや、やっと普通に読める名前になりました。ファンからは「木全」と呼び捨てにされる事が多い彼。

2000年4月5日生まれの19歳です。

最初のクラス分けでは見事Aクラスに。そして再評価でもAクラスとなり確かな実力を持っている彼ですが、最初はビックリするほど分量がありませんでした。感情があまり表情に出ることがなく「虚無」と言われており、何事にも黙々と取り組むタイプなのか、ポジション評価では蓮くん率いる「HIGHLIGHT」(SEVENTEEN)チームとしてパフォーマンスし、なかなか注目されるグループであったにも関わらずほぼいない。グループ評価では「LOVE ME RIGHT」(EXO)チームのセンターを務め、グループ内1位となったにも関わらずほぼいない。実力もあり、そこそこ順位も高いのに全然うつらないので逆に木全の分量が増えるとおたくは混乱していました。

そんな木全ですが、顔良し・ダンス良し・歌良しとなんだか完璧に見えますがどうやら実力と引き換えに語彙力がないようで…。

木全は祥生くんのところでお話ししたDOMINOから放出されたメンバーの1人です。クンチキタへ移動になり、移動したクンチキタで5グループ内1位を獲得した時には↓

f:id:J113adik_46:20191228220648j:image

最終回放送の裏では祥生くんとこんな会話を↓

f:id:J113adik_46:20191228220743j:image

f:id:J113adik_46:20191228220754j:image

コメントはいつもこんな調子です。このようなコメントや発言が炎上してしまうこともありましたが決してやる気が無いわけではありません。

第一回順位発表式のあと、一緒にオーディションに参加した西涼太郎くんの脱落が決まった時には手を重ねて涙を流す姿が。

f:id:J113adik_46:20191228221443p:image

 

そんな木全はダンスで魅せる曲に多く属していた印象があります。

ポジション評価

→HIGHLIGHT (SEVENTEEN)

https://youtu.be/HXeyELbfB5Y

グループ評価

→LOVE ME RIGHT (東方神起)

https://youtu.be/_SXDN2xdiN8

コンセプト評価

→クンチキタ

https://youtu.be/07pOrGAbJqk

ちなみにですが木全はダンス志望ではなくボーカル志望です。第三回の順位発表式にさらっと言われ国プを大混乱させました。ポジション評価は自分でダンス曲にいくかボーカル曲にいくか選べたのにも関わらず彼はダンス曲を選んでました。何か考えがあったのか、それとも本当に何にも考えてなかったのか…。考えれば考えるほどわからないし、こんなことを考えていたら気づけば木全の沼の中です。

 

 

 

 

⑤鶴房汐恩

f:id:J113adik_46:20191228233329j:image

汐恩はしおん、と読みます。またまたいけてるお名前。

2000年12月11日生まれの19歳です。

まずはこちらを。↓

https://youtu.be/Wa6OKqz-7MU

f:id:J113adik_46:20191230141538p:image

番組が始まる前に公式YouTubeに公開された1分間PR動画です。

突然この意味不明な緑の宇宙人を連れて登場し、しかも1分間普通に自己PRし続け結局この宇宙人に彼が触れることはありませんでした。この意味不明な宇宙人が由来で、鶴房は「👽」で表されていることがよくあります。ファンからは「鶴房の本体」とも呼ばれている緑色の宇宙人、いつか鶴房が言及してくれるのを待つばかりです。

そんな鶴房の初期の印象は最悪中の最悪でした。「無愛想」なんてテロップまでついています。

f:id:J113adik_46:20191231001011p:image

最初のクラス分けテストではトレーナーの方に「態度が悪い」と言われてしまいます。挨拶もせず、怒ったような顔がトレーナーの方々にそんな印象を与えてしまったのだと思います。最初は国プもとんでもないやつだな、なんて思っていたと思うのですが、だんだん気づき始めます。「こいつ、くそ不器用なだけだ。」と。本人も言っていますが鶴房は感情がそのまま顔に出るタイプです。それに加えて木全に続き日本語が下手くそで、誰かに物事を説明する時に「バーン」とか「ドーン」とかで説明しちゃうタイプです。そんな中行われた第1回順位発表式。仲良しの練習生が呼ばれるたびに大号泣。そんな鶴房の仲良しの中の1人、岩崎琉斗くんが呼ばれた時の岩崎くんのコメントには鶴房の名前が出てきました。

f:id:J113adik_46:20191230234748p:image

岩崎くんがダンスについていけず、1人で抱え込んでいた時に話を鶴房が聞いてくれたと言うのです。「鶴房くんがいなかったら、今の自分はここに立ってないかなって思います。」という岩崎くんのコメントからは、普段の放送ではわからなかった鶴房の友達思いな一面が感じられました。

また同じく第1回順位発表式でのこと。鶴房のコメントは国プをはっとさせるものでした。

f:id:J113adik_46:20191231001031p:image

番組が始まったばかりの頃、鶴房には多くのアンチがいました。何をしても彼はバッシングの的でした。もちろんその反面彼の魅力に気づいているファンも多く、この順位発表式では5位で名前を呼ばれていることがその証拠です。でも一定数のアンチがいたことも確かです。そんな中での「(川西)拓実くんとか蓮くんとかのチッケム(練習生1人を抜いたカメラのこと)ふざけて出てるとか、イライラするとか、そういうことを言われてきました」という発言。ファンの声が練習生に届いているからこそ、それは良い方向にも悪い方向にも進みかねないということを改めて感じました。

きっと最初は緊張していたのだと思います。彼はこのオーディションに参加する前、韓国の事務所に所属していました。その事務所からデビューするメンバー選考から落ちてしまい、日本に帰ってきて日プに参加しました。緊張と不安が混ざりすぎていたのかなと思います。回が進んでいくごとに鶴房は柔らかくなっていきました。

f:id:J113adik_46:20191231001815p:image

1位の子の指名に呼ばれなかった時、「選ばれなかったです☺️」なんて笑顔で言う彼を誰が想像したでしょうか。

良い感情も良くない感情も顔に出てしまうからこそ、自分の思ってることを言葉に表すのが上手ではないからこそ、最初は他の練習生にも「怖い」と思われていたようです。しかし、この番組を通して多くの人と関わったことでダンス、歌などの技術面はもちろん内面的な成長までも鶴房は魅せてくれました。

そしてもう一つ。プデュには「ジンクス」と言うものが存在します。「テーマ曲のセンターはデビューする」とか、「アベンジャーズチーム(実力、人気共に上位の練習生が集まったチームのこと)に入った練習生はデビューする」などなどたくさんありますが、その中でも注目したいのが「初回放送で1位に座った練習生はデビューできない」というものと「各評価で1度もベネフィットをもらえなかった練習生はデビューできない」という2つのジンクス。なんと鶴房はこの2つを破ってデビューしました。もちろんただのジンクスではありますが、過去4作でこのジンクスに当てはまってデビューした練習生がいないことも確かです。ついでに思い出したので追加すると、デビューメンバーが決まる最終順位発表式の日、その日に鶴房は誕生日を迎えました。最初の注目はハッキリ言って良いものではありませんでしたが、その人柄と確かな実力でデビューを勝ち取りました。

ああ今更だけど鶴北に言及しておきたい!!!…けど文字数が大変なことになってるのでいつか玲叶の記事を書く時にでも…。

 

 

 

 

 

というわけで。

衝撃の長さになってしまいました。この時点で7000字超え!!ここまで読んでくれている人はいるのか心配になる長さです。出来ればファイナリスト編とコンセプト評価編まで書きたい…!次はもうちょっと人数絞ろうかな。なんて1人ごともそろそろ終わりにしようと思います。「PRODUCE101JAPAN」、まだGYAOで見ることができますので少しでも興味がある方は是非!!!

 

 

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

 

【お名前を出させて頂いた練習生の皆さん】(敬称略)

・今西正彦 (最終回にて脱落)

https://instagram.com/d_hico?igshid=ept0hhc8qtk7

・岩崎琉斗 (第2回順位発表式にて脱落)

https://instagram.com/ryu___to31?igshid=1c8mzg3poihx1

・北川玲叶 (第3回順位発表式にて脱落)

https://instagram.com/reeto_23?igshid=7zfhnbw9yoi6

・小松倖真 (第3回順位発表式にて脱落)

https://instagram.com/ko___shin_?igshid=99pvgqsw45dj

佐藤隆二 (第3回順位発表式にて脱落)

https://instagram.com/ryujunin12?igshid=133f8n4lo58p4

西涼太郎 (第1回順位発表式にて脱落)

https://instagram.com/ryopeta_official?igshid=1g5xzl8h37o79

・福地正 (第3回順位発表式にて脱落)

https://instagram.com/erkfdl?igshid=1epxqztnyprzj

・本田康祐 (最終回にて脱落)

https://instagram.com/ksk0.411?igshid=n7j985dtwje

・宮島優心 (最終回にて脱落)

https://instagram.com/yugo_20001213?igshid=1cnib9upk6yzy