高く舞い上がる花のように

いのありとみっちーは世界を救う!

最近。

今から私事を書こうと思います。

 

別に全然書くつもりはなかったけれど、JUMP10周年を目の前にして個人的にいろいろあったので、誰かに聞いて欲しかった。ただそれだけです。

 

 

 

今年、私は高校生になりました。

中高一貫校に中1で入学し、そのまま同じ学校の高校に入学しました。

私の通う高校は大きく「英数科」と「普通科」に分かれていています。入試の結果によってどこに入るかが変わるのですが、私はどうしても英数科に行きたいと思っていました。国公立大学を目指す私にとって、英数科に入ることは最初の目標でした。とはいえ英語は苦手、数学も別に得意ではない私は正直英数科はかなり遠い目標でした。

しかし、中31学期の期末試験で、数学は学年6位になりました。単純に嬉しかったです。今まで20位とかだった (私立なので学年は61人でした。) 私は、今まで追いつけるわけないと思っていた人達に追いつけた。それがとっても嬉しくて、毎回テストの前は数学を解きまくっていました。点数を取れる教科が増えた事で、総合順位も上がりました。しかしそれを言い訳にして、英語は全く勉強しなくなりました。

 

結論として、無事私は英数科に入学しました。

 

 

 

 

英数科は想像以上でした。

 

中学の時とは比べものにならない量の宿題。

恐ろしいほど早く進む授業。

 

 

一瞬で置いていかれました。

 

部活がある日は家に8時につき、急いでご飯を食べて、お風呂に入る。そして宿題が終わるころには日が変わっていました。そこからついていけなくなった英語を復習していたら睡眠時間は3時間程度になりました。

 

アトピー性皮膚炎を持つ私は、睡眠不足とストレスによって、今までにないほど肌が荒れました。手を洗うのも、お風呂に入るのも苦痛でした。

 

 

 

何をしても追いつけない授業。

何をしても治ってくれない肌。

 

なんで自分はこんなに頑張っているのか、わからなくなりました。

 

 

 

そんな私がそこまで頑張れたのは、JUMPの存在でした。

 

JUMP10周年の今年。私の地元にJUMPがくる。そんな事2度とないかもしれません。

高校生になるまでコンサートに行く事を禁じられていた私は、「JUMPのコンサートに行ける」事だけを信じて毎日を過ごしました。

 

 

 

2017年6月16日。

全滅でした。

 

とにかく追い込まれていた私は、それを見て泣く事しかできませんでした。

 

 

テスト直前だった事もあり、勉強に嫌気がさしました。

 

何もしなくても時間だけが過ぎて行きました。

高校に入ったばかりで、まだ相談できるような友達なんて私にはいません。とりあえず笑って一日は終わるものの、家で一人のなるといろんな感情が込み上げてきました。

 

がむしゃらに、ただただ目の前の大きな山に食らいついてきた怒涛の3か月。

 

 

JUMPなんて正直見ていられませんでした。

携帯を見る時間も、テレビを見る時間もなかったし、なにより余裕がありませんでした。

 

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O」の初回限定盤1についているMVがきっかけでした。

 

ジャニーズはYouTubeなどに公式アカウントを持たないので、私の意識は乃木坂やTWICEに持ってかれていて、メンバーの出ている番組を見逃したり、ラジオを聴くのを忘れていたり…。

 

JUMPから離れていた私に、JUMPってやっぱりいいなあと思わせてくれたのがあの21本のMVでした。

 

 

 

LIVEに外れた私は、JUMPに直接会うことは出来ません。

ファン歴も、2年ちょっとです。

 

それでも、いつだってJUMPは私に前を向かせてくれました。

 

JUMPを見ている間は、どんな嫌なことだって忘れられました。 

 

JUMPから離れかけていた私に、JUMP再確認させてくれたのは紛れもないJUMPそのものでした。

 

 

 

 

LIVEに外れてしまったけど、生でJUMPは見れないけど。

 

 

TV画面に映るJUMPもいいな、なんて思った。

 

…と言う話でした。(ハッピーエンド?)

 

乃木坂46 18thシングル 選抜発表

 

大変な事になりました!!

18thシングルの選抜は予想あてた人いないんじゃないかと思うほどにとにかく意外!!!

 

 

①3列目 …6人

 

左端から

まりか、新内、生駒、桜井、若月、井上

 

生駒ちゃん、れいかちゃん、若月の3人が3列目という事で…。個人的には生駒ちゃん福神落ちして欲しくなかったです…。

前回の選抜での3列目は 新内、井上、寺田、北野、まりか、星野、優里、樋口、中田 の9人だったので、前回選抜への返り咲きを果たした優里、樋口、中田と初選抜となった寺田は2作連続選抜ならず、という事なんですよね…。複雑。

 

 

②2列目 …6人

 

左端から

星野、松村、生田、秋元、衛藤、高山

 

みなみちゃん福神返り咲きです!!嬉しすぎる…!!2列目は納得な感じです。

前回の選抜での2列目は 若月、高山、生駒、生田、松村、桜井の6人だったので、若月、生駒ちゃん、れいかちゃんの3人が上にも書いたように福神落ちですね…。心なしか2列目がなんだか悲しく見えます。気のせいでしょうか。

 

 

③フロント …6人

 

左端から

飛鳥、白石、大園、与田、西野、堀

 

そうきたか…。って感じです。でも、飛鳥ちゃん、みおな、まいやん、なぁちゃんのフロントは納得です。今の乃木坂を象徴するというか…。もともとはアンダーだった飛鳥ちゃん、バレッタで突然センターに選ばれるも10、11thシングルで選抜落ち。そこからここまで上がってきたみおなの連続でのフロントは嬉しい事ですね!!

 

 

④センター …Wセンター

 

左側から

大園、与田

 

ももちゃんとよだちゃんは、正直「選抜いけるかな〜、福神入ったりすんのかな!?」って思っていたのですが、想像の遥か上を行っていました…。センターです!!フロントは全員センター経験者ですし、このセンター経験をプラスにしていってもらいたいです。早くこの2人がセンターに立つ姿をみたいです!!

 

 

⑤全体的に

 

やっぱり一期生の力は壮大なものなのかな、と思いました。でもいつまでもまいやんやなぁちゃんに頼りっぱなしにもいかないんですよね。一期生はもうほとんどが20超えているので、「卒業」が近いのも現実なんですよね…。二期生にはまだ一回も選抜に入っていない子がたくさんいるので、もうちょっと二期生を推してくれてもいいと思います。運営さん!!お願いします!!!

 

 

 

…というわけで、私の偏見が所々に挟まっているのはあんまり気にしないでいただいて、(笑)最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

Hey! Say! JUMP 10周年

JUMPももう10周年かあ、なんてJUMPを知って2年ちょっとの私が言うことでもないのかも知れないけれど、私なりに、JUMP10周年について。

 

現在決まっているお仕事

(レギュラー、ラジオ、CM 除く)

山田涼介

・映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」主演

    2017,9,23 公開

・映画「鋼の錬金術師」主演

    2017,12,1 公開

 

知念侑李

・映画「未成年だけどコドモじゃない」出演

    2017,12,23

・映画「坂道のアポロン」主演

    2018 公開予定

 

中島裕翔

・特になし

 

岡本圭人

・特になし

 

有岡大貴

・ドラマ「孤食ロボット」主演

    2017,6,19 ~

・ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ

                  緊急救命- 3rd season」出演

     2017,7,17 ~

・映画「こどもつかい」出演

    2017,6,17

 

伊野尾慧

・映画「ピーチガール」主演

    2017,5,20 ~

 

八乙女光

・ドラマ「孤食ロボット」主演

    2017,6,19 ~

 

高木雄也 (高は正確にははしごだか)

・ドラマ「孤食ロボット」主演

    2017,6,19 ~

 

薮宏太

・ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」出演

    2017,7 ~

 

 

…とまあこんな感じだと思うんですけれども。裕翔くんは最近ドラマ「母になる」が最終回を迎えました。そうすると、やっぱり気になってしまうのが圭人なきもします。お仕事、少ないなんて言いたくないけれど、それが現状なのも事実なので複雑…。「Hey! Say! JUMP」というグループで見れば、まだまだ嵐やKinki Kidsには及ばないものの、着実に知名度を上げてきてはいると思うのですが、個人になってしまうとちょっと…。なのがJUMPの弱いところでもあるのかも知れません。JUMPで比較的知名度が高いのは山田さんだと思うのですが、私の親戚に「山田涼介」と聞いて山田さんの顔が浮かぶんだひとはいませんでした。まあ、これは私の親戚が芸能人に興味がないだけなのかも知れませんが、もう10年、と思うのかまだ10年と思うのかには大きな違いがある気がします。

 

JUMPには、今は後ろを振り返って欲しくありません。過去ありきの今のJUMPなのはわかっています。でも今はとりあえず前を向いててほしい。過去を振り返るのはもうちょっと後でもいいような気がします。ライブ終わって落ち着いたくらいでもいいんじゃないかなって。

 

さて、そのLIVEですが、もう当落が発表されていますが、みなさんはどうでしたか?

私は初名義全滅でした。わたしの周りの初名義の子はみんな落選だったので、10周年LIVEに新規はいらない、って事務所に言われてる気分です。正直わたしがJUMPにはまったのは、2015年3月の事なので、ファンクラブ入ったのが遅いからって新規だと思わないでほしい、なんて思っています。まあ、ただの被害妄想なのは分かっているんですけれど。

「10周年なのに公演数が少なすぎる。」というツイートをよく見ます。私はコンサートに詳しくないのでよくわからないのですが、アリーナの今回、去年より公演数がすくないと聞いたときは、えっ…って感じでした。追加公演、あると信じてます。

やっぱり転売はいつになっても終わらないものなのでしょうか。当落が出てすぐになん十万円で売ってるのを見て、転売屋のところへ行ってなんかしてやりたくなりました。(←)

 

 

 

 

 

10周年、参戦したかった。

追加公演は、落選組に回ってきてほしい、なんて自分勝手に思います。

 

映画「ピーチガール」

ピーチガール見て来ましたあああ!!!!

f:id:J113adik_46:20170523233459j:image

 

いのちゃんが主演という事で、普段休日は12時すぎに起きるこの私が!!!わざわざ7時にアラームをかけて!!!舞台挨拶中継つきで!!!行って来ました!!!!

見に行ったのは20日ですが、感想書くのに時間がかかり過ぎました…。

 

ちなみに友達に7時に「起きたよ!」とLINEを送ったら「ついに地球が破滅しちゃう」と返って来ました。どうでもいいですね。

 

 

感想

とにかく良かった!!朝7時に起きていった甲斐がありました!!

以下ネタバレを含みます。

 

 

 

「五分に一度、恋の事件が巻き起こる!?」のキャッチフレーズのように、主にもも、カイリ、とーじ、さえの4人がバタバタと繰り広げるラブストーリーは、2時間をあっという間にしてくれました。

 

・安達もも as 山本美月 🍑

ももちゃんはほんとにピュア!!

私もとーじとカイリに好かれる人生を送りたかった…。なんてことはさておき、とーじに振られてしまい、カイリとのデートを楽しむももちゃんがとにかく可愛かった!!お祭りで2人を振って泣きながら帰るところも、「カイリはみさおちゃんが好きなんでしょ」といって帰っていくところも、何もかもにももちゃんの素直な考え方というか、ももちゃんの性格が出てたのかなーなんて思います。さえに散々邪魔され、傷つけられたのに「さえは私の友達だから」と言えるももちゃん、優しすぎ。最初はとーじが好きだったけど、カイリのさりげなくも大胆な優しさに惹かれていくももちゃんもとっても良かったです!!

 

 

・東寺ヶ森一矢(とーじ) as 新田 真剣佑 🍑

とーじとまっけんの不器用な感じが似てるなって思いました。ちょっとおどおどする感じとかね。ほんとに申し訳ないんだけどももちゃんの香水割った時まじ最低とか思ってしまった!!ほんとごめん!!!でもさえのせいって聞いて見直したから許してください。とーじはほんとにかっこよかった。自分もももちゃんが好きなのに、「安達は幸せにならないといけない」「いけ」って!!!!!とーじ!!!!お前ただのいい奴だな!!!(誰)

 

 

・柏木沙絵 as 永野芽郁 🍑

さえはほんとに悪い奴だった。(笑)「さえまじ!?」って思うとこが何箇所もあったけど、ピーチガールにはさえがいないと面白くないかなってくらい存在感があったし、普通にめいちゃんも可愛かった。涼さんが好きなさえを見てるのはただただ辛かった…。「あ〜、さえ〜!」ってなんだかもどかしい気持ちになりました。でも結局はさえもちょっと良い事してて、「誰かに何かをしてあげる」ってさえの成長(?)も観れた気がしました。

 

 

・岡安浬 as 伊野尾慧 🍑

 映画初出演にして初主演。そうそうたる役者さんたちの中でカイリを演じてくれました。最初の方のカイリはただただチャラチャラしてて、でもちょっとの言動に優しさは見えるんだけどでもまだただのチャラい「学校一のモテ王子」だったけど、ももちゃんを「マジ」で好きになった所からガラッと変わりました。

ももちゃんの事が大好きだから、とーじならももちゃんを幸せにしてくれるはずだとももちゃんを一度は諦めるけど、落ち込んだももちゃんを「ももちゃんの笑顔が一番大好きなんだ」と励ますカイリは、本当に本当に優しい人で、ももちゃんも言ってたけど自分の事より人の事。ももちゃんを思うあまりにももちゃんを傷つけてしまった事を泣きながら謝るカイリは、本当に優しくて、いい人なんだなと思いました。

ももちゃんからもらったキーホルダーのために海へ入っていくシーンでは、とりあえず泣いてました。でもそれくらい、カイリがももちゃんの事を大事に思ってる事が伝わってくるシーンだったんじゃないかなと思います。

カイリのさりげない優しさの合間に見えるカイリの抱える過去。大画面に映るのは「伊野尾慧」ではなく「岡安浬」でした。 

 

 

 

もう一回観に行きたいと初めて思いました。今度見に行く時は眼鏡とタオルを持って行こうと思います。(笑)

 

次世代のホープ、道枝駿佑に愛を叫ぶ。

4月から始まる新水曜ドラマ「母になる」にてメインキャストの中に名前を乗せた、まだジャニーズはいって約3年。関西ジャニーズJr.の期待の星!それが道枝駿佑!!(大声)

 

このブログの要点をさくっとまとめると

  1. 道枝くんの可愛さをもっと知って欲しい
  2. 道枝くんのかっこよさをもっと知っt (ry
  3. 道枝くんの素晴らしさをもっt (ry

 

と、まあそういう感じです。

それではいってみよーーー!

 

まだ学生真っ只中!道枝駿佑の存在を知ってはや2年!JUMPを愛しながら道枝くんという逸材を見つけてしまった私が思う、道枝くんの素晴らしいところッ!!

 

 

その1:可愛い

 

なんだそれはと言われてしまいそうですが、仕方ないんです。だって可愛いんだもん。

何を隠そう私より道枝くんの方が年下なのですが、なんか年下を応援するのってちょっと…。って思ってるそこのあなた!!

 

はい、これ見てください。↓

f:id:J113adik_46:20170331150844j:image

可愛い。

もう可愛いが年下を応援する後ろめたさのようなものを全て消し去ってくれます。この笑顔を見てしまったらもういろいろどうでも良くなりますね。

 

 

その2:かっこいい

 

これまたなんだそれって感じかもしれませんが、ほんとに仕方ないんです。だってかっこいいんだもん。

先ほど可愛い道枝くんの話をしましたが、なんと道枝くんにはかっこよさも備わっているのです!素晴らしい!!

あんな可愛い道枝くんがかっこいいなんて…と少しでも思ったそこのあなた!!少しも思っていないそこのあなたも!!めっちゃ思ったそこのあなたも!!

 

こちらをどうぞ。↓

f:id:J113adik_46:20170331151552j:image

左側から、高橋恭平くん、道枝くん、長尾謙杜くんです。

かっこいい。

素晴らしくイケメン!あなた本当に中二ですか!?14歳!?嘘つけ!

笑ったら可愛い、真顔でかっこいい…もう文句をつける隙もありません。

 

 

その3:歌が上手い

 

そうなんです!道枝くんは、意外と歌が上手い!最近は声変わりからかだんだん声が低くなってきていますが、高音も低音も素晴らしい!

 

ここまで読んでくれた方の中で、道枝くんに少しでも興味を持ってくれた方は、ぜひ私が今からあげさせて頂く3つの動画を見ていただきたいと思います。

 

・ひとつめ

2015年12月12日、まいジャニSHOW TIMEにて披露された「Secret Agent Man・好きだよ」

 

これの何がいいかというと、まずは前髪をあげている道枝くんが素晴らしく可愛い!これは何度みても可愛い。とにかく可愛い。

この時期のshowtimeは西畑大吾くん曰くちょっと迷走していた時期らしく、「好きだよ」の前に謎のコントがあったのですが、それがまた良かった!

「Secret Agent Man」から「好きだよ」へ繋がるためのコントだと思うのですが、まぁ説明が面倒なので、(笑) コント(?)の最後、大西流星くんが「康二くん、好きだよ!」といって曲が始まります。そして曲終わりにこの続きがあるのですが、そこまでの流れが意外と好きだったりします。

 

ちなみに、私が調べた限りでは、「Secret Agent Man」と「好きだよ」が繋がっている物はなく、それぞればらばらになっていました。是非、両方見ていただきたいです。

あ、あと「Secret Agent Man」は、ザ少年倶楽部にて先ほどあげた道枝、長尾、高橋の3人が歌っているのがありますが、私はまいジャニの方が好きだったりします。なぜなら、道枝くんが前髪をあげているからです。

 

・ふたつめ

2017年2月5日、まいジャニSHOW TIMEにて披露された「ジゴロイズム」

 

こちらは最初、3人で歌い、高橋→長尾→道枝の順でソロパートがあり、3人で少し歌ったあと、サビを西畑、大西、向井も一緒に歌う…という演出になっているのですが、道枝くんのソロパートの最初、「Eeny meeny miny moe」という歌詞なのですが、そこの道枝くんの歌い方がもう!!やばい!!「Eeny meeny miny moe」の最後の「moe」の歌い方はとても中二とは思えないほどえろっちいんですね!

まぁ、見てください!そしたらわかります!!

 

・みっつめ

2017年3月19日、まいジャニSHOW TIMEにて披露された「鍵のない箱」

 

こちらは、道枝&長尾が2人でうたっています!もちろん道枝くんにも長尾くんにもそこそこの長さのソロパートがあるんです!!!

いやもう何もかも完璧で素晴らしいので「ここが注目!」なところをあげるのが難しいのですが…。あえていうならば、「まるで心は君のせいで」という歌詞の所の道枝くんの踊り方

歌い方から話がそれてしまいますが、道枝くんは踊りにキレがあるというか、運動音痴の私にはよくわからないのですが、この「まるで心は君のせいで」と歌っている時の道枝くん、髪がめっちゃ動いてるんです!!ここです、注目ポイントは!!ほんとに1、2秒しかないのですが、そこは目を凝らして見ていただきたいものです。

 

 

…さて、つらつらと書いて来ましたけど、どうでしたでしょうか?個人的にはちょっと書きすぎた気もします。が、道枝くんの事をもっと多くの人に知ってもらい、そしていつかは「デビュー」を掴み取ってくれる事を願っています。

 

ではでは、このくらいにして終わろうと思います。

 

 

 

有岡くんと道枝くんの共通点

今回書く事は、題に収まっています。(笑)

この2人を見て、なんか自分の好きになる人って似てるな〜って思ったので、書きます。

 

 

・共通点1 「いつも楽しそう」

自分が前に出て歌い、踊る時はもちろん、自分がメインじゃない時、少し後ろに下がって踊っている時も「面白い!」「楽しい!」と思ったらそれは多分そのまま表情に現れているのではないかな、と思います。誰かが話している時は、その人の方を見る。面白いと思ったら、笑う。口角をがっつりあげて歯を見せて笑う有岡くんと道枝くん。画面越しでも楽しそうだな〜って思うし、そんな笑顔に惹かれた人も多いのではないかと思います。

 

・共通点2 「ギャップ」

先ほど「笑顔」について書きましたが、今度はその笑顔とのギャップのお話です。歌もダンスも出来る有岡くんと道枝くんですが、この2人が踊ってる時超かっこいい!!歌ってる時も超かっこいい!!!

トークの時は笑顔で人を惹きつけ、踊って歌ったらかっこいい。こんなの最強じゃないっすか。笑顔で惹きつけて、ステージで沼に突き落とす。こんなの最強じゃないっすか。本当にずるい。あ、ちなみに私は2人ともそうやって落ちていきました。

 

・共通点3 「思い入れ」

今から書く事で不愉快になったり、私の言ってる事訳わかんない!って思う方が多いと思いますが、あくまでも私個人の考え方です。「そう思う人もいるんだなぁ」と思って見てください。

ジャニーズへの思い入れ、と言うかこだわり、かなとも思います。道枝くんと有岡くんは「自分から望んでジャニーズに入った」タイプのジャニーズです。もちろんお姉さんが応募して入ったタイプのジャニーズを否定するわけではありません。が、この2つは全くの別物です。入りたいと思って入ったのか、別にそう思ってなかったし、なんなら入りたくなかったけど入ったのか。後者はジャニーズに入ってから歌やダンスが楽しい、もっと頑張りたい!と思えればいいかなと思います。だけど、入所当時からやりたい気持ちのある子の方が、後ろにいても気になったりするのかな〜なんて思っちゃったします。

 

 

計3つの共通点を上げてみました。「こんな共通点もあるよ!」って方は是非@__InAr_64にリプとか送ってくださーい!

ジャニーズJr.とデビュー

ジャニーズ戦国時代。

今、ジャニーズ事務所には数多くの「ジャニーズJr.」が所属しています。今いるジャニーズJr.の中には、デビューできない子もいるでしょう。何千といるジャニーズJr.の中でデビューを掴みとるのはほんの一部。「デビューしたい」とどんなに強く願っても、出来ないかもしれない。どんなに才能があっても、どんなに顔がかっこよくても、どんなに歌やダンスが上手でも、それは「あ、この子すごいな」と言うきっかけにしかなりません。自分から前にでる。自分から話す。自分からやってみる。「自分から」って実はとっても大事な事なのかも知れません。

 

さて、デビュー組もJr.も応援している私ですが、最近思う事をちょっとだけ書こうと思います。私はHey! Say! JUMPと関西ジャニーズJr.が好きです。同じくJUMPの山田涼介くんが好きな友達に、こんな事を言われました。「山田くんって、最初は後ろの方にいたんだよ、マイク持つのに2年かかったんだよ。」と。

JUMPは大好きなのですが、そこにはちょっと違和感がありました。まず、入所して突然前に来るとんでもないJr.もたまにいますが、ほとんどは一番後ろからJr.活動が始まります。だから、最初後ろにいるのは別に変な事ではありません。また、マイクを2年で持てたなら、それはどちらかと言えばエリートに分類されると思います。JUMPには薮くんや光くんのように入所してすぐにマイクを持てた人がいるので、2年が長く感じるだけ、と私は思っています。「デビューするまでが長くて大変だった」「デビューしたけどそのあと辛かった」なんて話しも聞いたことがあるけど、デビューできたならその人は恵まれていると私は思っています。

 

Jr.にはJr.ならではの悩みがある。デビュー組にもデビュー組ならではの悩みがある。でも、忘れないでほしい。

「デビュー」という夢を持ちながらも、その夢を叶えられずに事務所を去ったJr.がたくさんいること。

 

Jr.は不安定です。この前まで前で踊っていた子がなんのお知らせもなくいなくなります。だんだん出番が少なくなっていって、いなくなる子もいれば、人気のあるJr.が突然に姿を消すこともあります。怖いです。自担がいなくなるのが。それでも私はJr.を応援します。だって好きだから。どうしようもなく好きだから、私はJr.を応援します。