読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のひとりごと。

JUMPを応援しながら関ジュに落ちてしまいました…。有岡くんと道枝くんは世界を救う!!

「母になる」2話を見て、勝手に感想。

母になる2話が放送されましたが、母親でもなくまず大人ですらない私は結衣や麻子の気持ちは理解出来ないところがあるので、広の気持ちになって考えてみました。

 

広は現在12歳。2年前というと10歳だと思われますが、10歳の時の記憶は少しだけ残ってるのでは?と思います。たとえ結衣が自分を「産んでくれた」母親だと知っても、3歳の時から10歳まで「育ててくれた」麻子。自分にとってはどっちもお母さんで、でも育ててくれたのは麻子で、でも産んでくれたのは結衣…。そんな事がぐるぐる頭を回ってたりするのかなあって思いました。でも、広の気持ちは麻子に寄ってるんですよね…。「ママ!」って言うあの嬉しそうな顔!!今後が楽しみすぎます。

 

さて、約1時間の本編を涙を堪えずに乗り切った私を泣かせたのは、予告の道枝くんでした。(おい)

「道枝くんが泣いてる?やばい!どうしたの( ;  ; )」

って夜の11時に1人で泣きました。

そんな事はどーでもよくて、問題はあの破っていた紙!!あれなんの紙なのかすっっごい気になります。今までのお話で出て来た大事そうな紙は、広が昔書いた絵と、麻子からの手紙だと思うのですが、道枝くんの破っていた紙に色は見えなかった気がするので麻子からの手紙かな…?と思ったんですけど、そしたら次回やばくないですか!?上にも書いたように、今の広の気持ちは麻子に寄っていると思うんです。そんな麻子からの手紙を破るなんて…。ちょっと考えられません。3話で一体何が起こるのか…?これは、絶対見なくては!!

 

 

 次回は4月26日(水)!!

母になる|日本テレビ